ア行 ドラス科 ナマズ目

オキシドラス ~特徴や生態について

投稿日:

今回は、オキシドラスの特徴や生態についてご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク

オキシドラスの基本情報

オキシドラス

学名 Oxydoras niger
英名 Ripsaw catfish
分類 ナマズ目ドラス科
分布・生息域 アマゾン川、パラグアイ川
大きさ 100cm程

 

オキシドラスは南米アマゾン川に生息するナマズ目ドラス科の淡水魚です。

100cmを超える大型ナマズですが、性格は非常に温和で口に入らない魚を襲う事はありません。

日本では水族館で普通にみられる種で、観賞魚としても稚魚が輸入されています。

 

形態的特徴

川底の小動物を餌にしているため口はやや下向きについており顔が細長い為、馬面のように見えます。

大きな体を維持するために絶えず食べ物を探しており、温和な性格でありながら水槽内では他の魚の餌まで取ってしまう事があります。

 

体は鱗が変化した鎧のような骨盤に覆われています。

これは外敵から身を守るのに役立っています。

 

体色は黒っぽい物から茶褐色のものまで様々で生息地域によって変化すると言われています。

アマゾン川中流、上流の個体は茶褐色で班模様が入ります。

 

生息域

アマゾン川全域で普通に見られる種です。

パラグアイ川にも生息が確認されています。

幅広い生息域を持ち、時に河口でも漁獲されることもあります。

 

ごつごつとした岩場よりどちらかというと泥底を好みます。

これは食性が雑食性で川底に沈んだ有機物や魚、昆虫の死骸などを食べているためです。

 

遊泳力はあまり強くないため、流れが緩やかな場所を好む傾向が強いようです。

夜行性で透明度の高い明るい場所は好みません。

濁りの強い水を好みます。

 

スポンサードリンク

水産資源としての価値

全長100cmを越え、体重も大きなものは20㎏を超える事から、現地では食用魚として非常に大切な水産資源として扱われています。

現地の市場では、同じナマズのレッドテールキャットやタイガーシャベルノーズキャットと並んで売られている光景をよく目にします。

癖の無い白身は油との相性も良く、唐揚げやムニエルとして食されることが多いようです。

 

また、食用としてだけでなく観賞魚としての需要も高い為、稚魚は世界中に輸出されており、現地の住民の貴重な収入源となっています。

 

スポンサードリンク

ハイブリット個体

オキシドラス

最近、オキシドラスのハイブリット個体を目にするようになりました。

同じく、アマゾン川に生息するレッドテールキャットやタイガーシャベルノーズキャットとのハイブリット個体をよく目にします。

主に観賞魚として日本にも輸入され、安価な稚魚が販売されています。

色や鎧のような鱗の特徴を引き継いでいる個体が多いようです。

このようなハイブリット個体は、観賞魚としての価値は高いようですが、種の保存という観点からは少し疑問が残ります。

 

スポンサードリンク

外来種としてのオキシドラス

鎧のように硬い鱗に覆われ、見た目も日本固有のナマズからは想像も出来ない容姿。

その為、観賞魚として非常に人気が高く稚魚が安価で売られています。

 

しかし、その成長スピードは非常高く10cmほどの稚魚が1年で40cmを超えることもあります。

一般的に販売されている120cm程度の水槽では生涯飼育は難しく、密放流されることがあります。

その為、外来種として紹介されることもあります。

 

食性から日本固有の魚に被害を与える事は少ないと考えられますが、産卵の際に横穴を掘ることがあり、地形を変化させて水害を大きくする可能性は否定できません。

日本でも生存できる環境下において大量に密放流された場合、沖縄で問題となっているプレコ(同じナマズの仲間)と同じような扱いになる可能性が非常に高いと考えられる種です。

 

スポンサードリンク

オキシドラスをインターネットで購入する!

オキシドラスは、インターネットで購入することも可能です。

下記のバナーをクリックで、現在の楽天市場での検索結果が表示されます。

楽天市場で検索!

 

まとめ

大型ナマズは一般的に肉食性が強く、テリトリー意識が強い為、気性の荒い種が多く見られます。

しかし、オキシドラスは大型ナマズでありながら雑食性で性格も温和と少し違った特徴を持っています。

生息域では襲う側ではなく襲われる側の立場です。

その為、身を守れるように硬い鎧のような鱗に進化したとも言われています。

水族館ではピラルクーやアロワナと一緒に展示されていることが多く、底で大人しくしているオキシドラスの存在に気づいてない方も多く見られます。

よく見ると硬い鱗に覆われ、まるで重戦車を思わせるような魚体は渋いかっこよさがありますからじっくり鑑賞するのも良いでしょう。

-ア行, ドラス科, ナマズ目

Copyright© 水の生き物.information , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.