スズキ目 タ行 ベラ科

ツユベラ ~飼育の注意点、特徴や生態について

更新日:

ツユベラは、スズキ目べラ亜科ベラ科カンムリベラ属に属する魚で、温かい海水を好む為、太平洋側では神奈川県の相模湾以南に生息しておりますが、幼魚と成魚では全く異なる姿を見せてくれる魚です。

特に幼魚はその可愛らしい姿から観賞用としても人気が有ります。

そこでツユベラの特徴的な生態や生息域、飼育する場合の注意点に付いて調べてみましょう。

 

スポンサードリンク

ツユベラの基本情報

ツユベラ

学名 Coris gaimard
英名 African coris
分類 スズキ目べラ亜科ベラ科カンムリベラ属
分布・生息域 相模湾以南、インド洋、太平洋
大きさ 35cm程

生態と特徴

ツユベラの食性は基本的には肉食性で小魚や小型の甲殻類や貝類等を食べます。

また、砂に潜る習性が有り外敵から身を守る場合や夜間には砂の中に潜り休む習性を持っております。

 

ツユベラは、ベラの仲間に多く見られる幼魚と成魚で姿を変える魚で、幼魚期はオレンジ色の魚体に白い模様が5ヶ所有り、その白い模様を黒い縁どりが囲う模様が特徴的です。

彩は水族館や映画でも人気の有るクマノミと同じ色使いでとても可愛らしい魚です。

ツユベラ幼魚 ツユベラ

幼魚                   成魚

一方、成魚になると、幼魚期のオレンジ色はその魚体から消え、魚体の色は暗い赤褐色に変化し体側には青色の斑点が出て来ます。

この青い斑点模様は尾に近いほど密になっており、更に尾びれは丸みを帯びた黄色になっております。

又、体側から頭部に掛けて青い横縞模様のラインが数本走っております。

 

更に大型の成魚になって来ると、魚体全体が紫青や暗い青色に変化し体側の斑も消えてしまいます。

成魚のツユベラは体長は35cm程に成長しますが、中には最大で50cmになる個体もおります。

 

生息域

ツユベラは温かい海水を好む事から、日本では太平洋側の神奈川県より南のサンゴ礁帯に生息しています。

特に伊豆諸島や小笠原諸島、沖縄周辺の琉球列島、更に海外では台湾周辺や南シナ海周辺や南沙諸島、更にインド洋や太平洋海域でも確認する事が出来ます。

ツユべラ幼魚 ツユべラ

幼魚                    成魚

 

但し、幼魚と成魚では生息域に違いが見られ、日本の場合、幼魚は比較的陸地に近い海域で見られますが、成魚になると太平洋の周辺に有る島々や東シナ海等の島々の周辺海域で見られる様になります。

 

また、ツユベラの生息環境がサンゴ礁帯である事から、通常は水深が10m前後の比較的浅い海に生息しておりますが、海底はツユベラの隠れ家になる砂地の場所を好みます。

 

スポンサードリンク

ツユベラを飼育する場合の注意点

ツユベラは、食用としてでは無く観賞用として人気があり、日本各地の水族館等でも目にする事が出来ます。

特に幼魚期の可愛らしい魚体に人気が有ります。

又、幼魚から成魚への身体の変化も大変興味深い物で、機会が有れば是非飼育し、魚体の変化を見てみたい物です。

 

ツユベラを飼育する場合にはいくつかの注意点が有ります。

先ず、ツユベラが温かい水を好む魚である事から水温の管理は重要です。

水温は常に20℃から25℃に保つ事が重要です。

 

また、ツユベラは砂の中に潜り休む習性を持っている事から、水槽の底には砂を敷き詰めておく事が必要です。

特にツユベラが砂の中に深く潜る場合も有る為、多めの砂を厚く敷き詰め様な工夫が大切です。

 

更に、ツユベラは小さな貝殻等を口で加えて運んだりする習性を持っておりますので、小さな貝殻等の小物を水槽の中に入れておくと、海の中を再現した様な水槽に仕上げる事が出来、より自然なツユベラの生態を目にする事も出来ます。

 

ツユベラ 幼魚 4-6cm±! 海水魚 ベラ 餌付け15時までのご注文で当日発送【ベラ】
価格:950円(税込、送料別) (2018/12/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ

ツユベラは、スズキ目べラ亜科ベラ科カンムリベラ属の海水魚です。

比較的暖かい海で見る事が出来る魚で、幼魚期と成魚になった場合の魚体の変化が特徴的な魚です。

特に幼魚期のツユベラはとても可愛らしい姿をしている為、観賞用としても人気が有ります。

また、日本では食用としてのツユベラの漁獲はほとんど有りませんが、煮つけ等で食べる事も出来るそうです。

暖かい海に生息している為、大きな個体となるとシガテラ毒の中毒には注意が必要かもしれません。

-スズキ目, タ行, ベラ科

Copyright© 水の生き物.information , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.