ナ行 ハリセンボン科 フグ目

ネズミフグ・鼠河豚 ~味は美味しい?生態や特徴について

投稿日:

今回は、ネズミフグの生態や特徴についてご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク

ネズミフグの基本情報

ネズミフグ

 

学名 Diodon hystrix
英名 PorcupinefishSpotted porcupinefish
分類 フグ目ハリセンボン科ハリセンボン属
分布・生息域 青森以南 / 世界中の熱帯海域
大きさ 60cm程

 

ネズミフグはフグ目ハリセンボン科の海水魚です。

泳ぎがあまり得意ではなく物おじしない性質で人に懐く事も有り、海中で餌をあげるとポーっとした表情・フワフワ漂う姿・大きな丸い目がチャームポイント。

見ているだけでとても癒されるとダイバーに人気のお魚です。

 

ネズミフグの生息する海域

ネズミフグは、世界中の亜熱帯・熱帯の海域に広く生息しています。

日本では津軽海峡・新潟県より南の日本海側、太平洋側では田辺湾(和歌山県)より南~琉球列島、小笠原諸島等広い海域で見られます。

 

生態

 

ネズミフグ

ネズミフグは、水深1m~50mの水深が浅いサンゴ礁・岩礁等で普段は単独で暮らしています。

昼間は岩陰やサンゴの隙間に身を隠していて、夜になると餌を求めてフワフワと泳ぎ出します。

肉食性の海水魚で、ウニ・エビ・蟹等の甲殻類や海底にいる貝類等を丈夫な歯を使いかみ砕いて食べます。

 

身体的特徴

成魚になると体長約60cm程になり、大きなものでは体長90cm・体重2.6㎏にまで成長します。

日本国内で見られるハリセンボンの仲間では最大になる種類です。

成魚になるにつれスマートな体型に変化します。

 

体表には長い棘が350本~400本程有り、普段は後ろ側に倒していますがビックリしたり外敵から身を守るときは、身体を膨らませ棘を起こして身を守ります。

 

幼魚時代20cm位になるまでは体の色は黄色味を帯びた色をしています。

成魚の体色はグレージュ(灰色とベージュが混ざった色)で、無数の黒い小さなドット模様が尾ビレや胸ビレ等各ヒレにまで
しっかり付いていてお腹側は白色です。

 

名前に付いている「ネズミ」は口先が尖った顔がネズミに似ている事から付けられました。

上下に硬くて丈夫な歯が有り口はいつも閉じられることが無く半開きです。

 

スポンサードリンク

どうやって体を膨らませてるの?

 

ネズミフグ

ネズミフグが属しているハリセンボン類が体を膨らませるには、膨張のうという胃の一部を変化させた器官に大量の水をため込み、筋肉を収縮させて水の出入り口である食道と腸を絞めて水風船のようにパンパンに膨らませます。

この動作を僅か1秒程の短時間で行うのです。

その代わりに、全神経をこの動作に集中している為なのか、膨張すると完全に他の動きがストップし泳ぐことは出来ません。

折を見て通常の姿に戻り泳いで逃げ出します。

水を排出し普段道りの姿に戻るには約2秒~3秒を要します。

 

身体を膨張させ棘を隆起した状態で大型の魚に丸呑みされると襲った方が命を落としてしまう程の威力です。

この防御策のおかげでハリセンボンの仲間は向かうところ敵無しで、泳ぎが得意ではなくても弱肉強食の海の中で生き残ることが出来るのです。

 

スポンサードリンク

ネズミフグに毒はある?美味しいの?

ネズミフグは皮・筋肉・精巣共に無毒(東京都市場衛生検査所より)で食用出来るフグです。

 

沖縄の鮮魚を扱うお店では針と皮を取り除いた状態で売られています。

沖縄ではハリセンボンの仲間を「アバサー」と総称し、その肝をすり潰して泡盛・味噌と合わせて作る汁物「アバサー汁」は、医食同源(バランスの良い食べ物は薬と同じく健康に良いという考え)の精神で昔から沖縄の人々に親しまれてきた味です。

出来上がりに「フーチバー・ヨモギ」を散らして供します。

 

このネズミフグを「イノーアバサー」と呼びハリセンボンと同様アバサー汁にして食べます。

身は思ったほど取れませんが、唐揚げにしても弾力があり美味しいそうです。

 

スポンサードリンク

まとめ

世界中に広く分布しているネズミフグですが、なかなか市場には出回らない海水魚です。

名前にフグと付きますが無毒であり、沖縄では昔から食用魚として人々の生活に根付いています。

 

大きな体とぼんやりとした表情がどこかユーモラスで可愛らしい印象ですが、蟹の甲羅や硬い貝の殻まで砕いてしまう程の凄い力を持っています。

もし、ダイビングなどで海中のネズミフグと触れ合う機会が有ったら、体表の針と合わせて歯にも気をつけましょう。

-ナ行, ハリセンボン科, フグ目

Copyright© 水の生き物.information , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.