スズキ目 タ行 チョウチョウウオ科

トゲチョウチョウウオ ~特徴や生態について

投稿日:

皆さんはトゲチョウチョウウオという魚をご存知でしょうか?

トゲチョウチョウウオは鮮やかな黄色と白色に彩られたとても綺麗なチョウチョウウオの仲間で、インド洋から西部太平洋にかけてのサンゴ礁ではとてもよく見られる魚です。

今回は、そんなトゲチョウチョウウオの特徴や生態についてご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

トゲチョウチョウウオの基本情報

泳ぐトゲチョウチョウウオ

学名 Chaetodon auriga
英名 Threadfin butterflyfish
分類 スズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
分布・生息域 南日本 / インド洋から中・西部太平洋
大きさ 20cm程

 

 

分類

トゲチョウチョウウオ(Chaetodon auriga)はスズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属に属する海水魚です。

 

チョウチョウウオ科は全世界の熱帯・亜熱帯海域に分布している、木の葉のように丸くて薄い体型をしているのが特徴の魚のグループで、鮮やかな色彩を持つ種類が多いことで知られています。

スズメダイ科と並んで、サンゴ礁を彩る熱帯魚の代表格と言えるでしょう。

 

その中でもチョウチョウウオ属は、チョウチョウウオ科全体のおよそ3分の2の種が属する最大のグループです。

 

特徴

泳ぐトゲチョウチョウウオ

トゲチョウチョウウオの体長は20cm程度で、最大で23cmの個体の記録があります。

体型は円形で強く側扁していて、頭部の背縁が窪んでいるのが特徴。

吻部は突き出していて口が小さく、背鰭後方の第5・第6軟条が糸状に伸びています。

この部分は硬い棘のようになっていて、和名の由来にもなりました。

 

トゲチョウチョウウオの体色は頭部などの前方が白色なのに対して、尾鰭などの後方が黄色です。

眼の付近に明瞭な黒色の横帯がある他、体側面にも暗色の斜走帯が見られます。

背鰭の軟条部にも大きな黒色斑紋が見られますが、紅海産の個体では見られません。

 

同属のフウライチョウチョウウオによく似ていますが、フウライチョウチョウウオには眼の付近を通る黒色の横帯の他に、尾柄付近を通る黒色の横帯があり、尾鰭にも黒い帯が見られることで区別が可能です。

 

生態

トゲチョウチョウウオはインド洋から中・西部太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布している魚で、西は紅海や東アフリカから東はハワイ諸島、北は南日本から南はオーストラリアのロードハウ島までで知られています。

国内では房総半島以西の太平洋側、兵庫県以西の日本海側から琉球列島や小笠原諸島で見られます。

 

トゲチョウチョウウオは水深1~60mの浅い海のサンゴ礁に生息しており、周辺の砂底や転石帯、岩礁などでも見られます。

個体数が多く、生息域ではよく見られる普通種です。

 

性格は気が強いために、あまり群れを作ることなく、多くの場合は単独か雄雌のペアで行動しています。

雑食性で、造礁サンゴのポリプを好んで食べる他、エビやカニなどの甲殻類、ゴカイのような多毛類、小型のイソギンチャク類など、様々な生物を捕食します。

 

主に幼魚が黒潮に乗って日本本土沿岸に来遊し、夏から秋にかけて潮だまりなどでも見られますが、冬季の海水温が低下すると全滅する死滅回遊魚です。

そのため、本土沿岸で大型の成魚が見られることは稀と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

観賞魚として人気

泳ぐトゲチョウチョウウオ

トゲチョウチョウウオは食用魚として供されることもありますが一般的ではなく、漁獲の対象にもなっていません。

しかし、観賞魚としてはアクアリストの間で人気が高い魚です。

 

トゲチョウチョウウオはその美しさに似合わず、丈夫ですぐに餌付くために飼いやすく、また個体数が多いことから安価で流通しており、海水魚飼育の初心者向けの魚と言えます。

 

トゲチョウチョウウオは水族館でも飼育展示されることがあり、ルリスズメダイなどと並んでサンゴ礁水槽の定番種として、多くの水族館で飼育されています。

 

トゲチョウチョウウオは通販で買える?

トゲチョウチョウウオは通信販売で購入することも可能です。

在庫状況は変動しますので、下記のバナーからそれぞれの検索結果をチェックしてみてください。

「トゲチョウチョウウオ」楽天市場の検索結果


「トゲチョウチョウウオ」Yahoo!ショピングの検索結果


「トゲチョウチョウウオ」Amazonの検索結果

 

スポンサードリンク

まとめ

トゲチョウチョウウオは幼魚が数多く日本本土の沿岸に来遊するため、簡単に採集することができ、アクアリストの間では自家採集の定番種と位置付けられています。

また、スキューバダイビングでサンゴ礁へ潜れば簡単に出会うことができ、水族館のサンゴ礁水槽では必ずと言っていいほど展示されている魚です。

そんなありふれた魚でありながら、チョウチョウウオの仲間でもトップクラスの大型で美しい種なのですから、まさに魚界の八方美人と言えるでしょう。

-スズキ目, タ行, チョウチョウウオ科

Copyright© 水の生き物.information , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.